西野竜平の脳壊ブログ

無職同然の黒子"西野竜平"の創作物紹介から日常のあれこれまで

人間っていつの日か死ぬらしい

スポンサーリンク

 末期の病気に掛かった時に、

 

 医者「余命〇〇年です」

 私「やる事やり切ったので了解しました!」

 

 というやり取りをしたい西野竜平です。

 

 皆さん知っていましたか。

 人間っていつか死ぬらしいのです。全然実感湧きませんよね。

 

 どんなに頑張ってもいつの日か死ぬんですって。あまりに残酷ですよね。

 

 不慮の事故によって突然死んでしまう事もあるらしいのです。

 

 自分の視界や聴覚などの五感全てが奪われて、何も考える事が出来なくなるんですって。怖いですよね。

 

 私はまだ死にたくありません。

 

 けど、病気によって苦しんで生きるのなら、早くやる事やり切って人生を切り上げたいです。

 

 暇という暇を潰して、やりたい事をやっていく。

 

 そのやりたい事っていうのは、何の意味もありません。誰も関心はありません。誰の為にもならないし、やはり全く意味が無い事です。

 

 しかし、世界中の誰もが基本的には「無始無終」の人生なのですから、自分が満足すればそれで良いのです。

 

 「自分にとって意味がある」事を貫いて生きていきたいですね。

 

 そして、最後に「あぁ楽しかった」で終わりたいですね。