西野竜平の脳壊ブログ

無職同然の黒子"西野竜平"の創作物紹介から日常のあれこれまで

個人事業をやりながらバイトを行うメリットとデメリット

スポンサーリンク

西野竜平

 

 どうも、来月から新しいバイトを始める西野竜平(@ryuheidou)です。

 

 前のバイトで身体的なセクシャルハラスメントを受けた挙句に、自宅療養となってしまっておりましたが、もういっその事「0」に戻す意味でそこのバイト先を退職しました。

 

 皆さんも嫌な事があったら争わずに直ぐに逃げましょう。

 

 さて、私は一応は個人事業主という形で活動をしています。「事業資金の捻出」という理由も勿論ありますけど、バイトを行う理由には、もっと大きい意味があるのです。今日はその理由を羅列したいと思います。

 

メリット

1.バイト代がもらえる

 当たり前ですが、バイトをすればバイト代がもらえます。個人事業の資金や備品購入に充てたり、ちょっとした買い物や食事のグレードを上げる事も出来るでしょう。

 私は買い物や外食はしないので、M&Msが食べられれば大丈夫です。ローカロリーな生活です。

 あと、最近求人票で見るようになった「退職金積立」などもあって、辞めたい時に積立金が降りる事もあります。あと「賞与」いわゆる「ボーナス」の支給がされるバイト先も見受けられるようになってきた印象です。

 

2.福利厚生が受けられる

 ある所無い所がありますが、福利厚生の例としてはやはり、「社会保険」が大きいでしょう。また、お子様がいる方は「児童手当拠出金」という企業が保険料の一部負担を行ってくれるのでありがたく感じるかもしれません。

 ほかにも、「通勤補助」「子育て支援」「資格取得支援」なども受けられる場合があります。

 「有給休暇」なども今は定期的に消化する様に促されたり、いつの間にか減ってるとかっていうブラック企業でない限り、正義の味方「有給休暇」を上手く使って、貯めたバイト代で旅行!なんて事も気軽に出来る訳です。

 

3.定期健康診断が受けられる

 人間ドッグに通うのが一番なのですが、定期的に健康診断が受けられ、心身共に健康を確認する事が可能になります。費用自体も会社が持ってくれるので、これを受けない手は無いでしょう。

 

デメリット

1.人間関係

 これはフリーランスとして活動するのにも付きまとう問題ではありますが、バイト先はいつも変わらぬメンバーで何年も何か月も共に業務をこなさなければならない為、本当に気の合わない人や、気の合う人間だと思ったら突然の裏切り行為を受けたりなど、変な「仲間意識」が強く出る為、他人に対して思い入れを強く抱く人は、私の様に病気で倒れてしまうでしょう。

 

2.時間と体力が奪われる

 そこまで忙しくないのであればバイトをする事をオススメしたいですが、週4の8hで社会保険を貰うとなれば、当たり前に時間が奪われます。

 力仕事にならば、疲れてしまってやる気も起きなくなるでしょう。

 ほどほどのバイト先を見つけてほどほどに働ければ良いですね。

 

最後に

 私は多分一生バイトをします。どこかの企業さんが私をクリエイターとして雇ってくれれば別ですが、そんなのは夢の夢。

 堅実に橋を渡って、幸せな個人事業を送れればと思います。そして、やっぱりぜひオススメしたいです。