西野竜平の脳壊ブログ

ゑ描き/音楽講師/PC講師をしている黒子の創作やレトロゲームなどの雑多ブログ

2019年4月に買ったレトロゲームソフトを開封。

 今年から生活費を5000円~20000円位削ってレトロゲームコレクションを再開しよう!と決意した器用貧乏にしのです。

 

 今月はセガサターンソフトを3タイトルを5000円で買ってきました。お店の人に1本おまけで頂けたのでちょっと得した気分です。



ぐっすんおよよ・S

f:id:kamigurigurishino:20190415011829p:plain

ぐっすんおよよ・S

【メーカー】エクシング

【発売日】1996/03/29

【ジャンル】アクションパズルゲーム

【当時の販売価格】6,800円(税別)

f:id:kamigurigurishino:20190415012039p:plain

ぐっすんおよよ・S

【概要】

 誘導パズルアクションゲームの「レミングス」と落ち物パズルゲームの「テトリス」が合わさったような人気アクションパズルゲーム。

 トレジャーハンター「ぐっすん」が浸水が進むダンジョンで行方不明。  プレイヤーはぐっすんを出口に導き、救出しなければならない。

 横山智佐さんと玄田哲章さんが声を担当し、グラフィックとステージがより追加された「サターンモード」

 声も難易度もゲーセンそのままの「アーケードモード」の2つがあります。

 本当にランダムで出てくる様々な形状のブロック、お邪魔キャラ、何でも破壊できるミサイル、時間経過で下から迫る大量の水。やり応え抜群のパズルゲームです。

f:id:kamigurigurishino:20190415012156p:plain

ぐっすんおよよ・S

【ひとことメモ】

 「お客さんはじめて?」という名セリフを聞いて懐かしく感じる方はレトロゲーマーの方には多いと思います。

 SFC版やPS版、WiiUなどのダウンロード販売もされているので「レミングス」や「ぷよぷよ」などのパズルゲームが好きな方にはぜひオススメしたいです。


GRANDIA

f:id:kamigurigurishino:20190415012522p:plain

GRANDIA ~プレリュード~

【タイトル】GRANDIA ~プレリュード~

【メーカー】ゲームアーツ

【発売日】1997年夏頃に無料配布

【ジャンル】シネマティックRPG(体験版)

【当時の販売価格】  非売品

f:id:kamigurigurishino:20190415101104p:plain

GRANDIA ~プレリュード~

【概要】

 ”歴史に残る映画があるように、歴史に残るRPGがある”と銘打たれたセガサターン代表の大作RPG「グランディア」の体験版。

 冒険者に憧れる少年「ジャスティン」はお刺さ馴染みの「スー」と共に遺跡見学に行き、謎の女性「リエーテ」と出会い、父親の形見の精霊石を手に東へ向かう事になる。

 グランディアは、FF/DQに対抗する形で制作されたものの、PSとSSというハードの差が埋められなかった不遇の名作だと感じています。

 豪華声優演じる魅力的なキャラクターたち、大作に相応しい壮大なシナリオ、「This is RPG」な名曲揃いのゲーム音楽、戦闘システムのオリジナル性。細かいイベントも多数溢れ、探索・冒険が存分に楽しめます。

【ひとことメモ】

 また、収録されている「キャラクタ紹介」の画面で3人のキャラクターの声やセリフが様々なバリエーションで聴ける事にかなり魅力を感じました。

【製品版での声優陣】

瀧本富士子さん/日髙のり子さん/西原久美子さん/橘ひかりさん/納谷六朗さん/山口勝平さん/坂本千夏さん/亀井芳子さん/井上喜久子さん/若本規夫さん/小杉十郎太さん/萩森じゅん子さん/冬馬由美さん/久川綾さん

f:id:kamigurigurishino:20190415101138p:plain

GRANDIA ~プレリュード~

MYST

f:id:kamigurigurishino:20190415100549p:plain

MYST

【タイトル】MYST (セガサターン版)

【メーカー】CYAN

【発売日】1994/11/22

【ジャンル】謎解きアドベンチャー

【当時の販売価格】7,800円(税別)

f:id:kamigurigurishino:20190415100658p:plain

MYST

【概要】

 クリック操作のみでゲームを進行させ、キーアイテムや仕掛けを正しい推理と倫理で謎をひも解いていく一筋縄ではいかない名作謎解きアドベンチャー。

 MYSTと書かれた本の世界に迷い込んだ主人公。  MYST島に隠された4冊の本の中の世界を冒険し、この本の謎を探索する。

 この「MYST」シリーズはアメリカのPC用アドベンチャーゲームを中心に制作している「CYAN(シアン)」の傑作タイトル。

 異常に綺麗なハイクオリティCG。それを更に引き立てる拘り尽くした音響。独特で魅力的な世界観。90年前期のゲームとは思えません。

 2005年までに6作品もの続編や派生作品が作られています。

【ひとことメモ】

 MYSTは、PS/PSP/SS/Win/Mac/DS/3DS/Android/iOSなどでプレイする事が可能な為、重厚で難解な謎解きゲームを求めているゲーマーに是非ともオススメしたいゲームです。

 このゲームをする時は、ノートと鉛筆を用意して、謎の解読やメモをするとより一層MYSTの世界を楽しむ事ができます。

f:id:kamigurigurishino:20190415100857p:plain

MYST

ドラゴンマスターシルク

f:id:kamigurigurishino:20190415101353p:plain

ドラゴンマスターシルク

【タイトル】ドラゴンマスターシルク

【メーカー】データム

【発売日】1997/03/28

【ジャンル】ダンジョンRPG

【当時の販売価格】6,800円(税別)

f:id:kamigurigurishino:20190415101433p:plain

ドラゴンマスターシルク

【概要】

 1992年にPC9801用に発売されていた「ドラゴンマスターシルク」の3作目。3DコミカルRPGとして発売。

 賞金稼ぎ「シルク」の前に突如「魔龍」が現れ、魔王を倒す事を命じられる。褒美に願いを1つ叶えると聞いたシルクは、世界征服を企む。

 3人の精霊龍と共に魔王を倒して世界征服を目指す冒険物語。

 今見ると声優陣が豪華で
山崎和佳菜さん(シルク役)/永島由子さん(アオ役)/三田ゆう子さん(アカ役)/西原久美子さん(キ役)/鈴木砂織(沙織)さん/原えり子さん/掛川裕彦さん/置鮎龍太郎さん/太田真一郎さん/塩沢兼人さん/銀河万丈さん

 キャラクターデザインは梶山浩さん

【ひとことメモ】

 PC9801版は触った事無いので、3作品目SS版で初めてやるのは「置いてけぼりを食らうかも…」と思っていましたが全然そんな事はありませんでした。  難易度高めのダンジョ

ンRPGですのでかなりやり込めます。

 90年代特有のギャグが多いので「笑」とかではなく、シミジミと懐かしんでしまいました。


オマケ

f:id:kamigurigurishino:20190415101824p:plain

ぐっすんおよよ 変態モード

 ぐっすんおよよシリーズには定番の裏技があります。その名も「変態モード」

【コマンド】

 タイトル画面でカーソルを”オプション”に合わせて

「L/R/B/Z」を押しながらスタートボタンで選択。

その後、オプション画面の”EXIT”でタイトル画面に戻った後に、

「C」を押しながら”GAME START”を選択すれば変態になれます。

 

 また、先ほどの「C」以外にも

 

「L」 - ステージセレクト

「X」 - ACモード

「Y」 - 変態ACモード

「Z」 - SSモード

「C」 - 変態SSモード

 

 などがあります。またこのコマンドを使えばステージを「Y」ボタンでスキップする事が可能になります。

f:id:kamigurigurishino:20190415101907p:plain

変態ハンターぐっすん

f:id:kamigurigurishino:20190415101937p:plain

変態に襲われるえみりちゃん

【ぐっすんおよよシリーズ】

すーぱーぐっすんおよよ(SFC)

ぐっすんおよよ(PS)

ぐっすんおよよS(SS)

すーぱーぐっすんおよよ2(SFC)

続ぐっすんおよよ(PS)

ぐっすんぱらだいす(PS)

続ぐっすんおよよ(SS)

 

【ひとことメモ】

 シリーズごとに絵や声優さんが違ったり、プレイした機種や世代の違いで「えみりちゃん」派閥がありそうです。

「ぐっすんおおよ・S」は初見さんにぜひともオススメしたいです。

 個人的には「すーぱーぐっすんおよよ2 (SFC)」が一番好きです。

f:id:kamigurigurishino:20190415102207p:plain

ぐっすんおよよ・S クリア

f:id:kamigurigurishino:20190415102424p:plain

ぐっすんおよよS CM

 2019年4月購入のレトロゲームの開封動画