西野竜平の脳壊ブログ

ゑ描き/音楽講師/PC講師をしている黒子の創作やレトロゲームなどの雑多ブログ

無料ドット3D制作ソフト「MagicaVoxel」が神ツールだった

 「Blender難しいよぉ」と枕を鼻水と涙と冷や汗で濡らした毎日とオサラバしたにしのです。

 「Blender(公式サイト)」っていう万能3D制作ソフトで3Dピクセルモデルを作っては投げ作っては投げてましたが、Twitterで「MagicaVoxel(公式サイト)」という無料ツールを知りました。

 

f:id:kamigurigurishino:20190408233339p:plain

 これはツールにあるサンプルモデルです。いやぁかわいい。

 

f:id:kamigurigurishino:20190408233619p:plain

f:id:kamigurigurishino:20190408233701p:plain

 Doomの兄貴もいました。ちゃんとペラペラでした。素晴らしい。

 

 おっ!これを上手く使えば「RPGツクール(公式サイト)」などの歩行キャラチップとして使えるのでは?

 


 

 このMagicaVoxel、無料ソフトとは思えない程なんでも出来ちゃって、

●高性能レンダリング機能付き

●画像の出力がワンタッチ

●出力形式が詳しく判らないけど豊富 (.obj / .ply / .mc / .xraw / .slab / .qb / .vox / .iso / .2d / .slice / .point / .cube)

 とりあえず「.obj」だけあればいいかなぁ…('ω')

 

 つまり、「Unity(公式サイト)」や「SMILE GAME BUILDER(公式サイト)」でゲームキャラクターとして流用できるし、Blenderでアニメーションも作れちゃう。

 

 これは技術を身につけなければ!という事で仕事帰りに2時間弄ってみた結果がこんな感じです。

f:id:kamigurigurishino:20190408232804p:plain

f:id:kamigurigurishino:20190408234924p:plain

 やだ・・・簡単・・・。

f:id:kamigurigurishino:20190408234829p:plain

 3Dなのでパンチラもどうぞ。

 

 

 描画ツールや削除ツールに着色ツールにシンプルなので、かなり使いやすいです。

 色のパレットツールもモデル毎に組むことが出来、作った色を途中で変更した場合、既に塗ってある色までもちゃんと変えてくれます。超うれしい。

 また、ドットに特化しているため、左右バランスがかなり重要なのですが、ミラー描画が付いているので左右対称、上下対象に描画する事が可能です。

 

 ちょっと難点かなぁって思ったのは、ショートカットキーがBlenderと同じくらいにマイノリティ溢れてます。

 

 しかし、慣れてしまえばもう勝ったも同然。別に何とも戦ってはいませんけど、勝ったも同然。

 

 長らくやりたかった3Dピクセルモデル制作が出来る事に感動しました。

 

 今日は興奮して眠れそうにありません。皆さんもぜひ体験して、創作してみてください。

 

 私は寝ます。


twitter.com