西野竜平の脳壊ブログ

イラストレーター/音楽講師/PC講師をしている黒子「西野竜平」が制作した創作物の紹介や、日常のあれこれなどを呟く雑多ブログです。

1年に1本映画を公開したいな

スポンサーリンク

 大人になったら映画が作りたくて、今音楽の先生とローカルに絵の仕事させてもらってる訳の分からない方向に立ってる西野竜平(@ryuheidou)です。

 

 最近面白そうな映画がたくさん出てますね。

 


2/22(金) 公開 『THE GUILTY/ギルティ』予告編

犯人は、音の中に、潜んでいる。
人間が聴覚から得られる情報はわずか“11%”
88分、試されるのはあなたの想像力


デンマーク発の新感覚サスペンス『THE GUILTY/ギルティ』

『セッション』『search/サーチ』に続き、サンダンス映画祭観客賞受賞作品

米レビューサイト ロッテントマト 驚異の満足度100%!

第91回アカデミー賞®外国語映画賞 デンマーク代表


2/22(金) 公開 『THE GUILTY/ギルティ』予告編

 

映画『search/サーチ』予告(10月26日公開)


映画『search/サーチ』予告(10月26日公開)

100%すべてPC画面の映像で展開するサスペンス・スリラー 映画『search/サーチ』

10月26日(金)全国ロードショー

 

娘が行方不明。

唯一の手がかりは 24億8千万人の SNSの中にある。

 


 

 The Guiltyは低予算映画としての評価もあるようです。しかし、調べてみましたが制作費が幾らか判りませんでした。

 searchの方は低予算映画の雰囲気がバリバリしますが、制作費1億円もあって逆にビックリ。

 

 今年から20分映画を出来れば毎年作りたいと考えています。

どれだけ予算を抑えられるかを思春期中学生バリに悶々と考えています。

 

  Adobe PremiereやAdobe After Effectsなどの編集ソフトの技術的な面は、4月に公開し始めるアニメの制作などで練習しているので、そこはなるべく個人で納められるようにしたいです。

 

 絵と音楽も自炊。脚本なども自炊。

 

 演者は出来ないので、人探しが重要です。

あと英訳が必要なので業者依頼も必要。

(*希望では英語が出来る演者)

この二点だけが制作費として必要になりそうです。

 

 勿論、お金が無いので低予算映画を選択していますが、元々低予算映画もといB級映画が物凄く大好きです。

 「金が掛かってたら面白くて当たり前だろ~」(例外もあります)

っていう思いが先行しちゃって、

「金掛かってないのにこんなに面白いのか~!!」(例外もあります)

っていう快感に小さい頃から夢中なんです。

 

 もしもお金があったら一般人のドキュメンタリー映画を大げさに作りたいなぁってフワフワっと夢見てます。

人気ブログランキングにほんブログ村

ryuheidou.com

twitter.com