西野竜平の脳壊ブログ

弱小イラストレーター兼音楽&PC非常勤講師をしている映画制作志望の黒子の雑多ブログ

前回の漫画雑誌制作の企画による失敗から学んだ方向転換で再出発

 学生以降全く漫画を読んでないにしのです。

 

 学生の時に凄く好きだった漫画家さんたちの原稿を買い取って雑誌にする事。

 自分が作った漫画雑誌でスタートを切ってもらえる人が出てくる事。

 上記を夢見て2年程前に参加者を無差別に募集をしてしまい、一度この企画を退きました。

 

 私が作りたいのは、"私が買いたい原稿"と"私が応援したい人"が参加している漫画雑誌であった事が大前提だったのを忘れていました。

 

 また、趣味の域で。という考え方であった為、自己満足にしかならず、参加をお願いした人たちに対して大変失礼な思考だったと思います。

 

 今、各出版社を伝って私が描いて欲しいと思っている漫画家さんたちとコンタクトを取る為、そして、協賛してくれる団体や企業に営業する為に、企画書とサンプルを制作しています。

 

 やるからにはビジネスライクであるべきだったと後悔しての行動です。

 利益を出してそれを参加者に還元できる仕組みまで組み立てなければならないのは、責任であると思います。

 無差別に募集をしてしまった無責任によって受けた攻撃と後悔と罪悪感が半端ないです。

 

 まずは、取り合えず個人誌と、個人的に制作する漫画雑誌で地ならしをして、その後営業活動と各出版社にアポイントを取っていくつもりです。

 

 私も趣味で漫画は描きますが、どちらかというと裏方的な仕事に凄く憧れています。

 

 なので、もう暫くは"出版社ごっこ"を続けていきます。

 

 人生的にはとっても死にたい状況なのですが、まだ死にたくはないので、時間はあります。

 

 ゆっくりでも良いので達成させて継続させていくつもりです。

 これは夢とかいう形のないぼやっとした物ではなく、目標通過点だと思っています。

 やりたい事をやり切ってからゆったり死にたいです。