西野竜平の脳壊ブログ

弱小イラストレーター兼音楽&PC非常勤講師をしている映画制作志望の黒子の雑多ブログ

Flying Lotusの映画「KUSO」がサブカル魂を超揺さぶってくる件

 インディーバンドを辞めてから一人で電子音楽に傾倒して引きこもり生活状態に陥っている廃人にしのです。

 

 私が"Ninja Tune"の次に好きなレーベル"Warp Records"に所属しているFlying Lotus (フライング・ロータス)

 ジャズ一家の子孫だからなのか、音楽クオリティ相当高い。けどジャンルはジャズ的な要素は見えてもジャズでない。

 "Oneohtrix Point Never"が提唱している「ポップスはグロテスクである」を踏襲している位に音楽的に超グロくて美しい電子音楽を作り続けています。

 映像も兎に角グロい。漫画家の"駕籠真太郎"さんを起用したり、グロPV制作の名手"Cyriak(スィリアック・ハリス)"を起用したり。兎に角グロテスクに趣を置いているサブカル心をくすぐる変態アーティストだと思っています。大好き。

 

 Flying Lotusは、私が好きなレーベルとさっき記した"Ninja Tune"を親に、自主レーベルの"Brainfeeder"を創業。"Thundercat(サンダーキャット)"や"The Gaslamp Killer(ガスランプ・キラー)"などが所属しているHipHopレーベル。今年創業10周年。

 

 個人的にかなりハッピーにさせてくれそうな映画"KUSO"が公開されました。

f:id:kamigurigurishino:20181113164630j:plain

*画像は"フェアユース"に則って記載させて頂きます

 

 オフィシャルトレーラーがこちら

youtu.be

 

 どうですか、凄く面白そうじゃないですか!!!

 

 音楽担当は、監督"Flying Lotus"はもちろん、ワープ・レコーズの"Aphex Twin(エイフェックス・ツイン)"、Brainfeederの"Thundercat(サンダーキャット)"、あと日本人代表として"山岡晃"さんが参加。

 

 山岡晃さんって誰?って思う人もいるかと思うので少しかじります。

 ゲームメーカー"KONAMI"の作曲家で、ゲーム"サイレント・ヒル"シリーズと同名の映画の制作指揮を務めた偉人です。 

youtu.be

 映像制作に参加しているアニメーター"David Firth(デイビット・ファース)"もグロ好きな作家で、BrainfeederのPVも多く手掛けています。

youtu.be

 

 こんなにも魅力的な映画、絶対見ますし、絶対見る用保管用飾り用の3枚絶対買います。

 この映画はもう本当に皆に布教したいです。マジで。