西野竜平の脳壊ブログ

弱小イラストレーター兼音楽&PC非常勤講師をしている映画制作志望の黒子の雑多ブログ

無駄な努力はあるが、無駄にしない事が大切である。

 映画製作とゲーム制作がしたいけど、人生無駄な努力ばかりして遠回りしているにしのです。

 

 

 私は小学生の頃から"映画作ってゲームも作れる人間になりたい"と小学校高学年の時に全校集会で宣言しています。

 

 子供ですから、映画を作る人材を雇う資産もなければ撮影機材もありません。なので、アニメーションを作れるようになれば良いのかも。と思い、絵と音楽を練習してきました。

 

 絵の練習には何が一番向いているんだろうかって考えたら、"漫画"でした。

 漫画は、様々な構図も描かないといけないですし、背景も描かなきゃいけないので凄く練習になると思ってます。なので小学校6年生辺りから現在に至るまで漫画を描いています。

 今では賞などはちゃんと出した事が無いのですが、イラストレーターとして仕事を頂けたり、電子書籍の制作に役立っています。

 

 音楽は、父親の影響で洋楽漬けの生活を幼少期から送っていて、幼稚園からピアノを習い、コンクールとかに出させて頂いていました。

 中学でパソコンで音楽が作れるというのを知って、中学2年生の頃にパソコンを購入してもらい、DTMソフトを使って曲を作って遊んでいました。

 高校卒業後、社会人になって一年目、ネットで発表していた楽曲を切欠にバンドの勧誘があり、インディーズバンドに作曲とDJ兼キーボード兼ギターとして入りました。

 バンドはその後すぐ解散してしまうのですが、お陰で音楽の先生をさせて頂いております。

 

 まだ道半ばですが、今やっとアニメーション動画の制作が出来るまでになりました。

 昔から決めていたリミット期間があと1年になってしまいました。計画よりも少し遅いです。今まで本当にたくさんの無駄な努力をしてきました。

 しかし、お陰で自由な時間を掴む職種を幾つか手に入れる事が出来ました。

 

 この残り期間でショートアニメ映画祭への参加と、ゲームを一本完成させたいです。

 

 "無駄な努力なんてない!"なんていう綺麗事を私も言いますし、私も信じたいです。

 しかし、残念ながら実際に無駄な努力というのは存在します。

 なので、その無駄な努力に気が付いて、方向を変える切欠にして無駄にしない方法しかありません。

 つまり、無駄な努力というのは存在しますが、凄く大切な事でもあると思います。

f:id:kamigurigurishino:20181106002532p:plain

 私は頭が悪いので、それに気が付くまで人よりも時間が掛かってしまいます。

 

 とりあえず、無駄な努力はありますが、無駄ではない状態を作る事が大切だと、私は思います。