西野竜平の脳壊ブログ

弱小イラストレーター兼音楽&PC非常勤講師をしている映画制作志望の黒子の雑多ブログ

好きなバンドが売れた時の絶望感は何なのかを考えてみた。

 私は幼稚園に入る前から洋楽を主に聞いていて、周りに洋楽に詳しい友達は殆どいませんでした。

 

 父親による影響が一番デカいのですが、若かった当時の私は多分、

「私だけが知っている」という独占している様な錯覚による優越感に浸っていたのでしょう。今思えば何と無駄な事でしょう。

 

 時は流れて、木村拓哉主演のドラマ「PRIDE」でクイーンの認知度が急上昇。

 今まで洋楽を聞いてなかった友達やそうでない人たちから「CD貸して!」「詳しく教えて!」の引っ張りだこに合いました。

 登校の送り迎えの際に色んなアーティストを詰めたオムニバスアルバムの中に入れていた「クイーン」は、一時期聞かなくなってしまいました。なぜなら、

 

 「おっアイツ最近クイーンが有名になったからって聞いているな!」と思われたくなかったのでしょう。今思えば何と戦っていたのでしょうか。

 

 映画やドラマで使われる洋楽って、未だにちょっと車の中とかでは聞きにくいです。モンキーズとかはシュレックだし。

youtu.be

エレクトロニックライト・オーケストラは電車男だし。

youtu.be

 

 そんなこんなで、時は流れ、日本のマイナーバンドに興味を持ち始めた私。

f:id:kamigurigurishino:20181022233906p:plain

 という感情に浸りたかったのでしょうか。

 

 皆さんはどうでしょうか。

 応援していたアマチュアバンドやインディーバンド、応援していた漫画家志望者やアマチュア絵描きさん、応援していた駆け出しYoutuberなどなど、その人たちが売れてしまった時、何故か遠くに行ってしまう気がして、喪失感を味わった事がある人、多いのではないでしょうか。

 

 距離よりも、大切な事が何かあるのではないでしょうか。

例え、遠くに行ってしまっても応援し続ける姿勢はとても素敵な事だと思います。

 

 私みたいな天邪鬼は損をします。