西野竜平の脳壊ブログ

弱小イラストレーター兼音楽&PC非常勤講師をしている映画制作志望の黒子の雑多ブログ

中二の頃に描いた漫画

 以前はホームページでも公開していました。

ryuheidou.com

 小学一年生位の時にA4サイズの紙を折りたたんでホッチキスで止めて友達に10円で販売していたビリリダマが主人公のポケモンの同人誌(?)以降ずっと漫画を描いていました。

 漫画自体は今も昔もあまり読んだ事が無く、どっちかっていうとゲームや映画っ子でした。有名な漫画は天邪鬼な性格のお陰で全然判りません。ドラゴンボールの話題になってもムラサキ村長のお尻に如意棒が突き刺さった位しか判りません…。

 そんな私がノートに漫画を描き始めたのは小学4年生。FF風のRPGキャラクターが織りなす4コマ漫画でした。電撃プレイステーションの影響だと思います。

 しかしもう殆どが捨ててしまっていて残っていません。

どんなにクソ漫画だったとしても残しておく事を皆さんにオススメしたいです。

 

 今回、中学二年生の頃に描いた「Death Coating」という名前からしてアレな漫画を晒していこうと思います。

Death Coating

f:id:kamigurigurishino:20180916205050p:plain

f:id:kamigurigurishino:20180916205055p:plain

f:id:kamigurigurishino:20180916205059p:plain

f:id:kamigurigurishino:20180916205106p:plain

f:id:kamigurigurishino:20180916205116p:plain

f:id:kamigurigurishino:20180916205130p:plain

f:id:kamigurigurishino:20180916205134p:plain

f:id:kamigurigurishino:20180916205138p:plain

f:id:kamigurigurishino:20180916205143p:plain

 圧倒的に浅くて薄い内容とオチでしたね。

「昔っから映画好きなんだなぁ」って見返してて思いました。あと「下書きやっぱり大事だなぁ」って思いました。

 

中学生の頃ってなんでこうグロいのとか暴力的なのを描きたくなるんでしょうかね?これが厨二病というヤツなのでしょうか。

…私だけでしょうか